化学物質は体外への排出が難しい。

合成された化学物質は自然界に存在しないものなので、人間の体は「異物」として認識します。

例えば果実飲料は腸から吸収され肝臓へと運ばれ、分解が必要なものは分解し、そこから水溶性の物質なら血液に溶け込んで役目を果たし、残ったいらないものは腎臓を経て膀胱から尿として処理されます。

しかし油性の化学物質は血液に溶け込みにくく、肝臓に残ることも多く、尿として排出されにくいのです。

体表近くの毛細血管へと運ばれ血液を汚します。
カッピングの目的は血液を浄化して免疫力を上げることです。

画像の説明 

コメント


認証コード2705

コメントは管理者の承認後に表示されます。