吸い玉(カッピング)痕が消えるまで

こんにちは、
今回はカッピング(吸い玉)の終わった後に出る痕について述べます。
吸い玉を張り付けると、血管(主に体表の毛細血管)が吸い上げられ拡張します。内部の瘀血(粘度が高くなり、血の流れが悪くなった状態)を皮膚表面まで引き上げるので色素反応があらわれます。その色でその部位の健康状態がわかります。
痕の色は淡いピンク色⇒濃い赤⇒黒い赤⇒黒っぽい紫色があり、順に悪い状態と言えます。
カッピング痕は時間の経過とともに有害物(主に毒素)が排出され薄くなり、最後は薄い黄色になり完全に消え元の肌に戻ります。

画像の説明

(1日目)

画像の説明

(2日日)

画像の説明

(3日目)

画像の説明

(4日目)

300×291IMG-116

(5日目)

300×267IMG_91125

(6日目)

コメント


認証コード9056

コメントは管理者の承認後に表示されます。